地方競馬情報サイト

地方競馬の基礎知識

Q1 地方競馬って何ですか?

A1 地方競馬とは、県や市町村などの地方自治体が行う競馬です。

昭和23年7月に制定された競馬法に基づいて開催されます。
平成25年4月現在、地方競馬を開催している主催者は、道県2(北海道、石川県)、市2(帯広市、金沢市)、一部事務組合10(岩手県競馬組合、埼玉県浦和競馬組合、千葉県競馬組合、特別区競馬組合、神奈川県川崎競馬組合、岐阜県地方競馬組合、愛知県競馬組合、兵庫県競馬組合、高知県競馬組合、佐賀県競馬組合)の計14となっています。また、競馬場は全国に17カ所あります。

Q2 地方競馬の競走の種類は?

A2 地方競馬には平地とばんえいの2種類の競走があります。

平地競走は、一周1000メートル以上の走路でスタートからゴールまでのスピードを競うものです。サラブレッド系のレースが行われています。
ばんえい競走は、わが国で生まれた独自の競走で、およそ1トンもある重種馬(サラブレッド系、アラブ系が軽種馬と呼ばれるのに対し、こちらは重種馬と呼ばれています)が、重い鉄製のソリを曳いて、2つの障害(台形状の小さい山)のある200メートルの直線セパレート走路で、パワーとスピードの両方を競います。ばんえい競走は、北海道の帯広競馬場で行われています。
平地競走では、競走馬の鼻の先端がゴールに到着した順位により着順を判定しますが、ばんえい競走は、ソリの後端が判定の対象となります。

Q3 ナイター競馬を知りたい!

A3 夜間でも競馬を楽しんでいただけるよう、地域の皆様の協力を得て、ナイター競馬を実施しています。

昭和61年にわが国で初めてのナイター競馬が、東京の大井競馬場で実施され、会社帰りのサラリーマンやOLの人たちであふれるほど大変好評を博し、以来「トゥインクルレース」の愛称で親しまれています。 また、平成に入ってから、ナイター競馬の実施は各地に広がり、平成28年現在、全国7か所の競馬場でカクテル光線に映える競走馬の美しさを楽しむことができます。

ナイター競馬実施場

平成28年2月10日更新

大井競馬場
昭和61年~ トゥインクルレース
旭川競馬場
平成6年~ (平成20年廃止)
川崎競馬場
平成7年~ スパーキングナイター
帯広競馬場
平成19年~ ばんえい十勝ナイトレース
門別競馬場
平成21年~ グランシャリオナイター
高知競馬場
平成21年~ 夜さ恋ナイター
園田競馬場
平成24年~ そのだ金曜ナイター
船橋競馬場
平成27年~ ハートビートナイター

Q4 女性騎手のことも知りたい!

A4 地方競馬では、多くの女性騎手が各地で活躍しています。

初めての女性騎手は、昭和43年にデビューした岩手の高橋優子騎手(故人)です。平成28年9月1日現在、約300名の騎手が全国で活躍していますが、そのうち女性騎手は7名(うち、ばんえい競馬1名)で男性騎手に負けず劣らずの活躍を見せています。
昭和62年から平成7年まで益田競馬場を中心に騎乗していた吉岡牧子騎手は、IQJS(インターナショナルクィーンジョッキーシリーズ)で3連覇するなどの功績を残し、生涯で築き上げた通算350勝は、歴代日本女性騎手最多勝記録として長年保たれてきました。しかし、平成17年7月18日の名古屋競馬第1レースで宮下瞳騎手(愛知)が通算351勝を達成したことで、10年ぶりに日本記録を更新。宮下騎手は平成23年の引退までに通算626勝を挙げたほか、韓国でも活躍しました。その後、平成28年8月に現役復帰を果たしました。

Q5 馬券の種類を教えて!

A5 一般的に「馬券」といわれますが、正式には「勝馬投票券」といいます。

一般的に「馬券」といわれますが、正式には「勝馬投票券」といいます。地方競馬では、従来から発売している9種類の馬券(基本投票法)のほか、平成22年1月から重勝式の発売も開始されました。 競馬場や場外発売所によって発売している馬券の種類が異なりますので、くわしくは下表をご覧ください。

競馬場別勝馬投票法

2017年9月13日更新

ばんえい帯広

基本勝馬投票法
単勝
複勝
馬連単
馬連複
ワイド
三連単
三連複
枠連単 -
枠連複
重勝式
五重勝単勝式 セレクト
七重勝単勝式 セレクト
トリプル馬単 -

門別札幌

基本勝馬投票法
単勝
複勝
馬連単
馬連複
ワイド
三連単
三連複
枠連単 -
枠連複
重勝式
五重勝単勝式 -
七重勝単勝式 -
トリプル馬単

盛岡水沢

基本勝馬投票法
単勝
複勝
馬連単
馬連複
ワイド
三連単
三連複
枠連単 -
枠連複
重勝式
五重勝単勝式 セレクト
七重勝単勝式 -
トリプル馬単 -

浦和

基本勝馬投票法
単勝
複勝
馬連単
馬連複
ワイド
三連単
三連複
枠連単
枠連複
重勝式
五重勝単勝式 -
七重勝単勝式 -
トリプル馬単

船橋

基本勝馬投票法
単勝
複勝
馬連単
馬連複
ワイド
三連単
三連複
枠連単
枠連複
重勝式
五重勝単勝式 -
七重勝単勝式 -
トリプル馬単

大井

基本勝馬投票法
単勝
複勝
馬連単
馬連複
ワイド
三連単
三連複
枠連単
枠連複
重勝式
五重勝単勝式 -
七重勝単勝式 -
トリプル馬単

川崎

基本勝馬投票法
単勝
複勝
馬連単
馬連複
ワイド
三連単
三連複
枠連単
枠連複
重勝式
五重勝単勝式 -
七重勝単勝式 -
トリプル馬単

金沢

基本勝馬投票法
単勝
複勝
馬連単
馬連複
ワイド
三連単
三連複
枠連単
枠連複
重勝式
五重勝単勝式 -
七重勝単勝式 -
トリプル馬単 -

笠松

基本勝馬投票法
単勝
複勝
馬連単
馬連複
ワイド
三連単
三連複
枠連単 -
枠連複
重勝式
五重勝単勝式 セレクト
七重勝単勝式 -
トリプル馬単 -

名古屋中京

基本勝馬投票法
単勝
複勝
馬連単
馬連複
ワイド
三連単
三連複
枠連単 -
枠連複
重勝式
五重勝単勝式 -
七重勝単勝式 -
トリプル馬単 -

名古屋中京

基本勝馬投票法
単勝
複勝
馬連単
馬連複
ワイド
三連単
三連複
枠連単 -
枠連複
重勝式
五重勝単勝式 -
七重勝単勝式 -
トリプル馬単 -

園田姫路

基本勝馬投票法
単勝
複勝
馬連単
馬連複
ワイド
三連単
三連複
枠連単 -
枠連複
重勝式
五重勝単勝式 セレクト
七重勝単勝式 -
トリプル馬単 -

高知

基本勝馬投票法
単勝
複勝
馬連単
馬連複
ワイド
三連単
三連複
枠連単 -
枠連複
重勝式
五重勝単勝式 -
七重勝単勝式 -
トリプル馬単 -

佐賀

基本勝馬投票法
単勝
複勝
馬連単
馬連複
ワイド
三連単
三連複
枠連単 -
枠連複
重勝式
五重勝単勝式 セレクト
七重勝単勝式 ランダム
トリプル馬単 -

※五重勝単勝式・七重勝単勝式は、地方競馬総合サービスサイト「オッズパーク」でのみ発売。
セレクト:購入者が自分で買い目を選ぶ方式
ランダム:コンピューターが無作為に買い目を抽出する方式
※トリプル馬単は「三重勝馬番号二連勝単式」の通称で、SPAT4のインターネット投票方式でのみ発売。
発売方式は、セレクト、ランダム、一部ランダムの三種類です。

基本勝馬投票法

上表の「単勝」~「枠連複」の9種類の投票法を「基本勝馬投票法」といい、1競走で完結する馬券です。「基本勝馬投票法」には「馬番号」で投票する馬券と「枠番号」で投票する馬券があります。

馬番号と枠番号の違い

馬番号は、馬1頭ごとにつけられた番号で、ゼッケンに表示されている番号と同じです。
枠番号は、一つの枠ごとにつけられた番号で、枠ごとに色が決められており、一つの枠には1頭だけでなく、2頭が一緒になることがあります。 地方競馬では8枠制が採用されており、枠番号による馬券は、出走馬が9頭以上のレースで発売されます。
1枠=[白]2枠=[黒]3枠=[赤]4枠=[青]5枠=[黄]6枠=[緑]7枠=[橙]8枠=[桃]

馬番号で投票する馬券
[単勝式]=(単勝)

ズバリ1着となる馬を当てる最も基本的な馬券です。

[複勝式]=(複勝)

3着(出走頭数が7頭以下の場合は2着)以内に入る馬を当てる馬券です。

[馬番号二連勝単式]=(馬連単)

1着馬と2着馬の馬番号を着順どおりに当てる馬券です。

[普通馬番号二連勝複式]=(馬連複)

1着馬と2着馬の馬番号の組み合わせを順不同で当てる馬券です。

[拡大馬番号二連勝複式]=(ワイド)

1着から3着に入る2頭の馬番号の組み合わせを順不同で当てる馬券です。
つまり、1着⇔2着、1着⇔3着、2着⇔3着の組み合わせが的中となります。
なお、3着同着の場合の3着同士の組み合わせは不的中となります。

[馬番号三連勝単式]=(三連単)

1着、2着、3着の馬番号を着順どおりに当てる馬券です。出走馬が16頭の場合の組み合わせは3,360通りとなります。

[馬番号三連勝複式]=(三連複)

1着、2着、3着の馬番号を順不同で当てる馬券です。出走馬が16頭の場合の組み合わせは560通りとなります。

枠番号で投票する馬券
[枠番号二連勝単式]=(枠連単)

1着馬と2着馬が入っている枠番号を着順どおりに当てる馬券です。同じ枠に2頭いる場合は、「8・8」「7・7」など、ゾロ目の組み合わせも発売されます。

[枠番号二連勝複式]=(枠連複)

1着馬と2着馬の入っている枠番号の組み合わせを順不同で当てる馬券です。同じ枠に2頭いる場合は、枠連単と同様に、ゾロ目の組み合わせも発売されます。

【重勝式勝馬投票法】

同日の複数の競走について同一の基本勝馬投票法の勝馬(注)を全て当てる馬券を「重勝式勝馬投票法」といいます。重勝式勝馬投票法のうち的中率が低いものとして農林水産省令で定められているものを「指定重勝式勝馬投票法」といい、的中者がない場合、もしくは払戻金の最高限度額(100円に対し6億円)を超えた場合にキャリーオーバーが発生します。現在、地方競馬では「五重勝単勝式」「七重勝単勝式」「トリプル馬単(三重勝馬番号二連勝単式)」が発売されています。
(注)競馬法でいう「勝馬」とは1着馬のことではなく、投票法ごとに馬券が的中となる全ての番号(もしくはその組み合わせ)を意味します。

[五重勝単勝式]

同日の5つの競走の1着馬の馬番号(=単勝式)を全て当てる馬券で、同一主催者では1日に1回のみ発売されます。指定重勝式のため、キャリーオーバーがあります。コンピューターが無作為に買い目を抽出する方式(=ランダム)と、購入者が自分で買い目を選択する方式(=セレクト)がありますが、平成26年5月現在、五重勝単勝式を導入している全ての主催者がセレクト方式を採用しています。

[七重勝単勝式]

同日の7つの競走の1着馬の馬番号(=単勝式)を全て当てる馬券で、同一主催者では1日に1回のみ発売されます。指定重勝式のため、キャリーオーバーがあります。競馬場により、コンピューターが無作為に買い目を抽出する方式(=ランダム)を採用しているところと、購入者が自分で買い目を選択する方式(=セレクト)を採用しているところがあります。

[トリプル馬単(三重勝馬番号二連勝単式)]

同日の3つの競走の馬単(1着馬と2着馬の馬番号を着順どおり当てる)を的中させる勝馬投票法。指定重勝式のため、キャリーオーバーがあります。コンピューターが無作為に買い目を抽出する方式(=ランダム)と、購入者が自分で買い目を選択する方式(=セレクト)、買い目の一部をコンピューターによる無作為抽出とする方式(=一部ランダム)を選択して購入できます。

Q6 「交流競走」って何ですか?

A6 交流競走は、所属に関係なく他地区や中央競馬の競走馬・騎手が対戦するレースのことです。

ファンの人気も高く、従来から積極的に推進されてきました。なかでも、中央競馬を含めた交流重賞競走は、『交流元年』といわれる1995(平成7)年以降、飛躍的にその数を増し、今ではダートの全日本チャンピオンを選定する競走体系として、我が国の競馬、生産において重要な位置づけがされています。

[ダートグレード競走・ダート交流重賞競走]

全国の優秀なダート適性馬が一堂に会する中央・地方交流の重賞競走は、従来、帝王賞(大井)、ブリーダーズゴールドカップ(北海道)など数えるほどしかありませんでしたが、現在では、ダート適性馬が十分にその資質を示す機会に恵まれるようになってきています。それとともに、優秀なダート適性馬を、中央競馬、地方競馬の別なく全日本規模で選定しようという機運が高まり、1996(平成8)年11月、ダート重賞競走の体系化、格付けを行う「ダート競走格付け委員会」が設置され、同格付け委員会による格付けが、1997(平成9)年4月から始まりました。その後、日本のパートⅠ昇格に伴い我が国の芝・ダートを含めた「G」及び「Jpn」の格付けを行う新たな格付け機関として、2008(平成20)年10月に「日本グレード格付け管理委員会」が設置され、同管理委員会による格付けが、2009(平成21)年1月から実施されています。平成27年1月現在、同委員会により格付けされたダート競走は55競走、また格付けの無いダート交流重賞競走は0競走となっています。

[その他の交流競走]

中央競馬との交流重賞競走以外に、地方競馬内での交流競走も実施されています。地方競馬内の交流競走には、全国を対象とした全国交流競走、北日本や西日本などの広域交流競走、特定の競馬場間ブロック内での交流競走があります。
また、中央競馬との交流競走には、特定の競馬場と中央競馬の条件クラスの馬が対戦する交流競走(条件交流競走)も、各地で実施されています。

[騎手交流競走]

競馬がお客様に強くアピールするために、競走馬とともに忘れてはならないのが騎手です。地方競馬では、優れた技術を持った騎手が各競馬場で活躍しています。地方競馬の騎手は、通常はそれぞれの所属する競馬場や地区のレースに騎乗していますが、交流競走の増加によって、ますますその活躍の場を広げています。地方競馬では、中央競馬の国際騎手招待競走への代表権を争う「スーパージョッキーズトライアル」や、中央競馬の騎手も参加する高知競馬場の「全日本新人王争覇戦」、園田競馬場の「ゴールデンジョッキーカップ」、川崎競馬場の「佐々木竹見カップジョッキーズグランプリ」など、様々な騎手招待競走が各地で行われ人気を集めています。

Q7 地方競馬の収益金はどのように使われていますか?

A7 地方競馬の収益金はさまざまな目的のために役立っています。

ファンの皆さまによる勝馬投票券の購入額のうち主催者が定めた割合を的中者に払い戻します。払い戻しを行った後の残額については、競馬開催のために必要な賞金等の経費、地方競馬全国協会への交付金、地方公共団体金融機構への納付金などに充てられ、残りが主催者の収益金となります。

主催者収益金

地方競馬主催者の収益金は、その地域の教育・文化の発展や社会福祉の増進、医療の普及やスポーツの振興、都市計画その他公共施設の整備などに使われています。

地方競馬全国協会への交付金

地方競馬全国協会への交付金は、馬の改良増殖その他畜産の振興のための事業に対する補助金として使われる第1号交付金と、馬主及び馬の登録、調教師・騎手の免許及び騎手等の養成など、地方競馬の公正かつ円滑な実施のための事業に使われる第2号交付金があります。

地方公共団体金融機構への納付金

地方公共団体金融機構に対する納付金は、地方自治体が行う上下水道の整備事業や地域開発事業等のために、機構が自治体に貸し出す資金の貸付利率を引き下げるために使われています。

Q8 地方競馬における競走馬の格付け(クラス分け)について教えて!

A8 競走馬の年齢・収得賞金等によって、その馬の格付け(クラス分け)を行います。

地方競馬では、基本的に「2歳」・「3歳」・「一般」の年齢区分で番組編成が行われています。
「一般」とは『3歳(4歳)以上の古馬による競走』のことを指し、全国どこでもA・B・Cの3つの大区分を採用して、競走馬の格付け(クラス分け)が行われています。ただし、このA・B・Cの区分は全国同じ基準ではなく、それぞれの地区によって、年齢、収得賞金、着順のポイント換算等の方法により格付けが行われます。また、3つの大区分以下の区分(A1・A2…など)についても、各地区でその取扱いは異なります。これは、地方競馬は競走馬の在籍状況がそれぞれの地区によって異なり、限られた在籍状況のなかで魅力あるレースを提供するため、それぞれ地区独自のルールにより競走番組が組まれているからです。

例として、南関東では 格付け基準表(外部サイトへ)を適用して、年齢・収得賞金によって最高格付けのA1からC3までの格付けを行っています。南関東の「一般」の競走番組はこの格付けを基本として編成されます。ただし、2歳馬や一定の収得賞金に達していない3歳・4歳馬は収得賞金順に番組編成されています。

Q9 競馬場で働くには?

A9 調教師、騎手、厩務員になる方法があります

地方競馬の調教師になるには

地方競馬全国協会が実施する調教師免許試験を受験し、免許を取得して厩舎を開業します。
調教師免許の受験資格は28歳以上、受験科目は、競馬法規、馬学などの学科試験、乗馬の技術試験などがあります。
一般に騎手、厩務員として競馬場で経験を積んでから調教師の試験を受験します。調教師には競走馬の調教、管理に関する知識はもちろん、若い厩務員、騎手の教育、厩舎経営に関する知識など多くの専門知識が求められます。

地方競馬の騎手になるには

地方競馬全国協会が実施する騎手免許試験を受験し、免許を取得して各競馬場のレースで騎乗することができます。地方競馬には現在フリーの制度はなく、いずれかの競馬場の厩舎に所属することになります。
騎手を目指す人は、一般的には地方競馬全国協会の「地方競馬教養センター」に入所し、2年間の騎乗訓練、専門学の講習を受けた後に免許試験を受けます。 地方競馬教養センターでは年1回騎手候補生を募集します。入所試験は学科試験、運動機能検査などを行います。
地方競馬教養センターの入所試験(日時、受験資格など)については 「地方競馬教養センター騎手過程募集要項」の項をご覧ください。

地方競馬の厩務員になるには

厩務員(馬の管理などに直接たずさわる者)になるための試験等はありません。厩舎を管理する調教師と直接雇用関係を結びます。くわしくは、就業を希望される競馬場、調教師会へお問い合せください。

Q10 地方競馬の馬主になるには?

A10 地方競馬全国協会の馬主の登録が必要となります。

Q11 騎手が着ている服について教えて!

A11 地方競馬の騎手がレースで着ている騎手服(または勝負服)は、騎手ごとに決まっています。

地方競馬では、所属する競馬場(あるいは常時交流している地区の競馬場)の他の騎手と同じにならないように色や柄を決めています。騎手服が馬主ごとに決まっている中央競馬と異なる地方競馬の特色です(一部の競馬場を除く)。

Q12 地方競馬の高配当記録は?

A12 地方競馬の高配当の記録は次のとおりです。

地方競馬の配当ランキング(重勝式は除く)

2017年6月28日現在

1位 大井 2017/6/27
配当
26,693,120円
レース 賭式
12 三連単
組合せ
8→16→4
2位 大井 2010/4/6
配当
24,880,720円
レース 賭式
7 三連単
組合せ
15→2→13
3位 船橋 2009/2/4
配当
19,110,000円
レース 賭式
7 三連単
組合せ
11→6→10
4位 大井 2008/12/25
配当
15,236,020円
レース 賭式
1 三連単
組合せ
4→7→3
5位 大井 2005/5/13
配当
13,000,390円
レース 賭式
2 三連単
組合せ
12→11→4
6位 川崎 2012/12/21
配当
11,058,120円
レース 賭式
9 三連単
組合せ
5→11→3
7位 大井 2007/10/29
配当
9,895,990円
レース 賭式
6 三連単
組合せ
6→3→13
8位 大井 2002/8/17
配当
9,752,820円
レース 賭式
8 三連単
組合せ
2→10→3
9位 園田 2012/2/14
配当
8,985,890円
レース 賭式
10 三連単
組合せ
2→3→9
10位 川崎 2002/7/12
配当
8,833,250円
レース 賭式
10 三連単
組合せ
5→11→12
11位 金沢 2012/12/16
配当
8,385,380円
レース 賭式
10 三連単
組合せ
1→4→2
12位 大井 2013/7/10
配当
7,912,220円
レース 賭式
9 三連単
組合せ
3→14→5
13位 大井 2008/3/31
配当
7,662,900円
レース 賭式
7 三連単
組合せ
10→5→7
14位 船橋 2004/5/28
配当
7,469,160円
レース 賭式
5 三連単
組合せ
2→7→4
15位 園田 2006/6/21
配当
7,357,640円
レース 賭式
8 三連単
組合せ
3→7→10
16位 大井 2016/4/4
配当
7,226,870円
レース 賭式
3 三連単
組合せ
12→13→4
17位 園田 2011/2/2
配当
7,187,390円
レース 賭式
7 三連単
組合せ
3→8→11
18位 大井 2005/6/5
配当
7,044,070円
レース 賭式
10 三連単
組合せ
2→12→13
19位 浦和 2008/8/26
配当
6,994,230円
レース 賭式
5 三連単
組合せ
1→8→11
20位 大井 2009/11/2
配当
6,911,770円
レース 賭式
9 三連単
組合せ
16→5→3

※昭和38年以降の記録

参考:JRAでの最高配当

JRA新潟 2012/8/4
配当
29,832,950円
レース 賭式
5R 三連単
組合せ
8→6→14

地方競馬の賭式別配当ランキング

2018年2月23日更新

帯広 2016/12/24
配当
15,883,590円
レース 賭式
5~11R 七重勝単勝式
組合せ
2→1→8→5→7→6→2
園田 2013/8/9
配当
14,696,060円
レース 賭式
7~11R 五重勝単勝式
組合せ
1→8→2→8→10
大井 2018/2/22
配当
150,563,990円
レース 賭式
10R~12R トリプル馬単
組合せ
1→12,10→16,1→2
姫路 2001/7/18
配当
205,760円
レース 賭式
2R 単勝
組合せ
6
佐賀 2005/3/7
配当
75,180円
レース 賭式
1R 複勝
組合せ
9
名古屋 2017/11/30
配当
332,020円
レース 賭式
9R 枠番連複
組合せ
1-5
中津 1997/11/29
配当
729,000円
レース 賭式
10R 枠番連単
組合せ
7→3
園田 2010/12/21
配当
536,750円
レース 賭式
3R 馬番連複
組合せ
4-7
盛岡 2006/5/20
配当
3,308,610円
レース 賭式
7R 馬番連単
組合せ
9→12
川崎 2003/1/7
配当
5,470,730円
レース 賭式
8R 三連複
組合せ
3-6-12
大井 2017/6/27
配当
26,693,120円
レース 賭式
12R 三連単
組合せ
8→16→4
浦和 2001/11/5
配当
286,620円
レース 賭式
1R ワイド
組合せ
9-11

※トリプル馬単の配当額は一口あたりの最低発売額50円に対するもの。
※昭和38年以降の記録

Q13 発走のやり直し(カンパイ)は、どのようなときに行われるのですか?

A13 「発走委員が真正な発走合図でないと認めたとき」で次のような場合にカンパイとなります。

  • 発馬機が正常に作動しなかったと認められたとき
  • 外的要因等により発走に支障があったと認められたとき
  • フライング発走であると認められたとき

(注)真正な発走合図があったにもかかわらず、発馬機(ゲート)から大きく出遅れる馬や発馬機内で転倒その他の理由により発馬機から出ない馬がいてもカンパイはしません。