地方競馬情報サイト

地方競馬って、知ってる?地方競馬のあらまし

知られざる地方競馬の世界にご招待!

地方競馬の基礎知識

世界で唯一! ばんえい競馬って?

重たいソリをひいて競い合う「ばんえい競馬」という競馬があるんだよ。

サラブレッドが楕円形のコースを走り、スピードを競う、普段よく目にする競馬のことを「平地競走」と言います。しかし、地方競馬にはもう一つの競走があります。それが…「ばんえい競馬」

ばんえい競馬は世界で唯一、帯広競馬場でのみ開催されている競馬で、馬体重およそ1トン(サラブレッドの約2倍)もある大きな馬が鉄製のソリをひいて、2つの障害(台形状の山)のある直線200mのセパレートコースでパワーとスピードを競う競馬です。ばんえい競馬は、北海道開拓に活躍した農耕馬の力を試すお祭りとして楽しんでいたものが現在の形に発展したもので、北海道開拓の歴史にゆかりのある競馬です。そのため、平地競走では馬の鼻の先端がゴールに到達した順位により着順を判定しますが、ばんえい競馬は荷物を運びきる速さを競う競技であったことから、ソリの最後端がゴールを通過した順位で着順を判定します。

ばんえい競馬の最大の見どころは第2障害。高さおよそ1.6mもある障害を巨大な馬たちが駆け上がる姿は迫力満点です。コースとファンの距離も近く、騎手のかけ声や馬の息づかいを感じることができ、平地競走とは違って馬がゆっくり進むため、観客が馬と一緒に並走することができるというのもばんえい競馬の魅力の一つです。

競走馬ってどんな馬なの?

競走馬のほとんどは速く走るために品種改良されたサラブレッドなんだ。

「馬」と一言でいっても、馬車をひく品種や、障害を跳ぶのが上手な品種など様々な馬がいます。そんな中でも、走ることに優れた品種がサラブレッドです。現在、日本の平地競走の競走馬はすべてサラブレッド系の馬たちです。長年にわたり品種改良を重ねて速く走れるように作り上げられたサラブレッドは、人類が作り出した「最高の芸術品」といわれています。

サラブレッドの故郷

競走馬となるサラブレッドたちは主に、自然豊かな北海道の地で誕生します。特に馬の生産牧場が集まる日高地方周辺は「優駿のふるさと」と呼ばれ、国内の競走馬生産頭数の約8割を占めています。寒さには強くても暑さには弱い馬たちにとって、北海道は過ごしやすい場所なのです。

サラブレッド(Thoroughbred)の語源は「Thorough(徹底的に)」+「bred(品種改良されたもの)」なんだって!
競走馬の一生 〜誕生から引退まで〜
[誕生]
仔馬は2〜6月ごろに生まれ、生後約1時間以内に自分で立ち上がります。0歳の仔馬のことを当歳馬(とうさいば)といい、その年の9〜10月には離乳が行われます。当歳馬は母馬と別々のきゅう舎(馬小屋のこと)で暮らしはじめ、広い放牧場を走り回り、競走馬としての基礎体力を自ら養います。
[騎乗馴致(じゅんち)]
人を背に乗せられるようにするため、馬が納得するまでひとつひとつ教えこみ馴れさせます。初めは鞍(くら)を乗せることすら嫌がりますが、徐々に人を背に乗せる騎乗運動へと移行していきます。
[競馬場へ入きゅう]
いよいよ競走馬としての本格的なトレーニングが始まります。入きゅうした馬たちは調教師に管理され、デビューに向けての調教を重ねていきます。そしてレースに出られる能力があるかを審査する「能力試験」で合格後、デビュー戦を迎えることができます。
[デビュー]
地方競馬では早いところで4月ごろから「新馬戦」という2歳馬たちのデビュー戦が始まります。
〜競走馬としての生活を送ります〜
[引退]
引退後、成績の優秀な牡馬(ぼば/オス馬)は種牡馬(しゅぼば)に、牝馬(ひんば/メス馬)は繁殖牝馬(はんしょくひんば)となり、次の世代を残します。中には、乗用馬として乗馬クラブなどでセカンドライフを送る馬もいます。