インフォメーション

2013年4月から競走に関するルールが変わりました
 2013年4月1日より、地方競馬の競走における降着・失格に関するルールが変わりました。
 これにより、海外の競馬主要国やJRA日本中央競馬会と同じく、競走馬がレースで見せたパフォーマンス(到達順位)をより尊重することになり、シンプルでわかりやすいルールとなりました。

◆ 降着・失格のルールが変更になりました

 2013年3月までのルール
降着 走行妨害が、被害馬の到達順位に影響を及ぼし、または競走内容に重大な影響を及ぼしたと裁決委員が判断した場合、加害馬は被害馬の後ろに降着
失格 走行妨害により被害馬が落馬・競走中止した場合、加害馬は失格
 2013年4月からのルール
降着 入線した馬について、「その走行妨害がなければ被害馬が加害馬に先着していた」と裁決委員が判断した場合、加害馬は被害馬の後ろに降着
失格 極めて悪質で他の騎手や馬に対する危険な行為によって、競走に重大な支障を生じさせたと裁決委員が判断した場合、加害馬は失格


◆ 審議ランプの運用が変更になりました

 2013年3月までの運用
全着順において着順変更の可能性がある場合に点灯
 2013年4月からの運用
5位までに入線した馬の着順に変更の可能性がある場合に点灯

※審議ランプはお客様にレースが確定するまで勝馬投票券をお捨てにならないように注意していただくために点灯します。
※6位以下に入線した馬の着順に変更の可能性がある場合は、ランプは点灯しませんが、パトロールビデオなどでお知らせします。

  さらに詳しい内容は、PC版地方競馬情報サイト(www.keiba.go.jp)

◆ Q&A

Q:いつから変更となるのですか?また、対象となるのはすべてのレースですか?

Q:なぜ降着・失格のルールを変更するのですか?

Q:降着とするかどうかは、誰がどのように判断するのですか?

Q:走行妨害であっても降着とはならないケースがあるのですか?

Q:走行妨害と関係のない馬との着順は判断のポイントになるのですか?

Q:走行妨害があっても着順が変わらないのであれば、ラフプレーが増えるおそれはないのですか?

Q:審議ランプの点灯をなぜ限定するのですか?

Q:新ルールの導入によってどのように変わりますか?